2015年05月13日

”効く”とは”効果”とは 刺激と感覚〜からだのきもち6〜

こんにちは、八木です。


癒しや施術方など不定愁訴へのアプローチは様々ものがあります。

それぞれのお悩みや志向によって何を選ぶかを決めると思います。

オーソドックスなもので、昔から利用されているのに「指圧」や「マッサージ」があります。

各種手技もこれを応用したり参考にしているものが多く、癒しから治療に近いものまでかなりの幅で利用され、その効果も認められています。
だからすたれることなく根強い人気があるのでしょう。

しかし中には長きにわたり強い施術を受けすぎて効果がでにくくなってしまっている方もいます。
「効果がでる」というよりも感覚的に変化が感じられないので効いているいるのかどうか分からない感じです。

やりにくかった動作が施術後変化がみられたり、可動域が広がったり、圧痛点が消滅したり固かった筋肉が柔らかくなり、また、姿勢の変化を写真で確認して頂いても
あまりピンと来て頂けない時もあります。

「しびれ」や「鋭い痛み」に関しては徐々に減っていくか、いつの間にかなくなるような治り方が多いのでまた別の話になりますが、今回のお話しはおもに筋肉の不定愁訴に関してのことです。

とにかくしんどいので押してもらったり、揉んでもらったりすることからはじまり、人によっては癖になってそのまま長きに渡りしのいで来たような場合が多いようです。

それがいけないということではありません。 他に楽になる方法がなかったからだとおもいます。

しかし、ひどくなると、最初は手のひらや指だったのが、いまでは肘でしてもらわないと満足できない、というところまで来ている方もいらっしゃいます。

強い刺激がダメ、という事ではありません。あえてそれを利用することによって、体が反応し自己治癒力があがるのも事実としてあります。

しかし、まちがった方法論や受け方で効果がでなくなってしまっている方がいらっしゃるのも事実でしょう。

強い刺激を使う施術というのは、あくまでその施術者の方法論と結果から導き出され施(ほどこ)されるものであって、受けての欲求の感覚とはまた別の事だと思います。

当院の施術はそういったものに比べ、刺激は少なく、人によってはもの足りなく感じるかもしれません。


何度も申しますが、指圧・マッサージ、強押し・強揉み。これらを決して否定はしておりません。

しかし、強い刺激がないと「効いた気がしない」というのはどうだろう?

「効く」とは何に対してのことだろうか?


こうゆう方々にも何とか結果を出したい。もちろんすべての方、万人に効くんだなどと、そんなおごった考えなどもっていません。(世間には、あたかもすべての”疾病に効果あり”みたいな所もありますが‥特にテレビはかなり偏った情報が多いのではないでしょうか?)

それでも何とか本来のからだの感覚を取り戻してほしい、

楽になって頂きたい。そう感じて欲しい。

まだまだ難しいことだらけですが、そんな事もおもいながら取り組ませて頂いています。


‥‥‥おつかれさまでした‥‥

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Twitterはじめましたexclamation×2
ブログに書く程でもないことなど、つぶやいてます。

ブログランキングに参加しています。いろんな方のいろんなブログが見れます どれでもいいのでポチッとして頂けると励みになります(__)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大東情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


猫週末のからだのメンテナンスにもどうぞお越しください。
お着替えもございますので、お勤めのお帰りでもご利用ください。

・ご予約していただければ22:00時以降でもお受け致しますので、どうぞおたずね下さい。
・お問い合わせフォームでも24時間受付しております。ホームページもご覧ください。
・とりあえずご質問だけ、という方はこちらyagiseitai@gmail.comにメール、またはお電話にておたずね下さい。

なわて整体
大阪府大東市錦町7−5 プレアール四条畷103号(旧発光マンション錦町)
090-1244-7272 営業時間10:00〜22:00(受付10:00〜20:30) 不定休
手作り感満載のホームページはこちらhttp://nawate-seitai.com/


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
○忍ヶ丘で人気のフランス菓子とケーキのお店です。四条畷駅近くの栄町商店街にも支店があります。
 こちらのシェフパティシエさんは「TVチャンピオン」で二位に輝いたこともあり、大阪の洋菓子界では知られた方です。

バースデーお菓子の店シプレ


●シプレ便り



posted by yagi ken at 12:13| Comment(0) | からだのきもち

2014年11月12日

舌もこる・首もこる・そのあたりがこる 〜からだのきもち5〜

こんにちは、八木です。

寒かったり、パソコン作業や、うつむいて”こんつめて”何かしていると、いつの間にか、肩や首にちからが入っていたりします。

おまけに寒い時なんか気が付くと、歯をくいしばって、奥歯を噛みしめていたりします。

そうして時間がたつと疲れてきます。首とか肩とかしんどくなってきます。

疲れて首がこってるのだろうけど、もっと
「何か奥の方に違和感があって気持ち悪い」
「首をもんでもなんか違う・届かない」

こんな方はおられると思います。

目を休めると楽になる事はが良く知られています。時々は目をリラックスさせてあげる事は大事ですが、こんな方法もご参考にされてみてみて下さい。

口をあけて、舌をべろ〜んと出してみて下さい(口をあけるのはあたり前ですが(^_^;)

これですよねsita.jpg

舌をべろ〜んとだして、もっと舌の根元・喉の奥の方を意識してストレッチしていると、だんだんと首の方までちからが伝わってきます。

あくまでゆっくり・リキまず・伝わるまで急がずに待つことが大事です。
舌を出すことに集中していると、それにつられて、他の上半身周辺に適度なちからがはいり、余分なちからが抜けてきます。

まぶたも半目で「とろ〜ん」としてください。 
はい、人が見てるとちょっとやばいかもしれません。かまわず続けましょう。そのうちマネをしてみると思わぬ効能にする人が広がるかもしれません。(^^)

ストレッチ感が出てきたら、今度は、舌はそのまま「あごを引いてみる」「上を向いてみる」「首を傾ける」
など色々ゆっくりと確かめてみて下さい。 

その時痛かったり、違和感がある方向ではやらないで、気持ちの良い場所をみつけたらその感覚をしばらくあじわうという事が大事です。

そして、後追いはせず程ほどに楽しんでください。(しつこいのは嫌われますよね‥‥)

時間は全部で1〜2分で充分だとおもいます。かえって疲れてしまいます。実際2分ほどじっくりやってみると結構ながいものです。


舌の筋肉は頭蓋骨の耳の後ろの方や、下あごの骨、そして食べ物を飲み込む時に間違って気管に入らない様に、飲み込むと同時に気管にふたをする「舌骨(ぜっこつ)」などにつながっています。(BRM療法ではこの舌骨にアプローチする事も重要視しています。)

それぞれの場所には他にも沢山の動きの役目をする筋肉もつながっているので舌を動かすということは首周辺にとても影響があり、こういう効果も期待できます。

いつの間にか肩にちからが入ってうまくちからが抜けない。気が付いたら歯をくいしばっている。その様な方はたまに少しでいいので試してみて下さい。

決してチカライッパイやったり、急いだりしないで、「しばらくまってあげる」感じで限られた時間や環境などで出来る範囲でおこなってください。、

そしてやりすぎない事がだいじです。

過ぎたるは………なんや、言うやないですか・・・


おつかれさまでした


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

猫週末のからだのメンテナンスにもどうぞお越しください。
お着替えもございますので、お勤めのお帰りでもご利用ください。

・ご予約していただければ22:00時以降でもお受け致しますので、どうぞおたずね下さい。
・お問い合わせフォームでも24時間受付しております。ホームページもご覧ください。
・とりあえずご質問だけ、という方はこちらyagiseitai@gmail.comにメール、またはお電話にておたずね下さい。

なわて整体
大阪府大東市錦町7−5 プレアール四条畷103号(旧発光マンション錦町)
090-1244-7272 営業時間10:00〜22:00(受付10:00〜20:30) 不定休
手作り感満載のホームページはこちらhttp://nawate-seitai.com/


いろんな方のいろんなブログが見れます ポチッとして頂けると励みになります(__)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
○忍ヶ丘で人気のフランス菓子とケーキのお店です。四条畷駅近くの栄町商店街にも支店があります。

バースデーお菓子の店シプレ


●シプレ便り



posted by yagi ken at 21:12| Comment(0) | からだのきもち

2014年10月24日

背中のコリコリしてコリコリ音がするこり(これ)はコリですか? からだのきもち4


こんにちは、八木です。

無理やりふとんに連れてきて一緒に寝ようとしても、「暑苦しいんじゃ!」とすぐどっかに行ってしまう我が家のネコが、最近はいつの間にか足元で頭だけふとんからから出して寝るようになって、もひとつ秋が深まっていく感じが家の中でも分かります。DCF00645.jpg

このようなかたがおられます。

「左の肩・背中のコリが強くて、疲れがたまってくると”じ〜ん”としびれるような感じになるんです。」

 さらに、

「左の肩をこう上げ下げすると、肩甲骨の内側が”コリコリ”音がするんですよ。これはコリでしょうか?」

実際やって頂くと確かに音がします。

さわってみると、たしかに筋肉は固いようでしたが、コリコリ音が直接の主訴の原因かどうかは?でした。
音はあくまで結果で苦痛の直接原因ではないであろうとみました。


・立位は腰が左に、それをカバーするように上半身が右にねじれている。
右の上腕が、左よりも肩が前に巻き込むように内にねじれているが、左肩は肩甲骨から大きく前へ変位している。
・正座では左足を右足の上に重ねたほうがしっくりとくる。
足を重ねず、両足先の真ん中にお尻が来るようにすると違和感あり。後ろから見ると足を重ねた状態では、脊柱がほぼまっすぐであるが、真ん中に座ると左に湾曲して少しつらそうな感じ。


この全体的な歪みを戻してゆき、固くなっている筋肉もゆるめてみるとだいぶ楽になって頂けたようです。

そして左の背中のコリコリ音も確かめてもらうと、これもとれたようでした。

コリコリ音の正体は肩甲骨の位置が前方変位して、筋肉や腱・付着部があるべき所からずれた、自然でない状態で動かす為。

またそれにより肋骨・胸郭のカーブと肩甲骨のカーブにズレが生じ、滑るよう運動できずなめらかさに欠けてしまった事が大きい原因だったと考えられます。


‥‥‥コリコリ音は無くなったはずだったのですが、
今度は左肩をいろいろ動かし始めて

「あっ、鳴ります鳴ります!」と せっかく正した左の肩を大きく前方に出して肩を上下させておられます。

首をポキポキならしたり、腰を音がなるまでひねったりすることによって「スッキリ感がでる」といって癖になっている方はどうしてもその動きを求めてしまうようです。

その動きは気分的にスッキリするかもしれませんが、からだにとってそれが本当にして欲しい事なのか、
一度からだに聴いてみていただくと、またそこからウゴキのヒントが見つかるかもしれません。

そういったお一人おひとりの状態や癖・習慣を客観的にお伝えすることも整体だとおもいます。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

猫週末のからだのメンテナンスにもどうぞお越しください。
お着替えもございますので、お勤めのお帰りでもご利用ください。
◎整体的観点で23個の頭蓋骨にアプローチいたします!◎
9/3のブログで触れた、お顔に関しての「フェイスラインのお悩みのコース」について。
もし興味のある方がいらっしゃれば、お問い合わせください。料金は部分調整になるので、一般のコースよりは低く設定する予定です(30分¥4,000)。
10月29日までお試し期間で●30分・¥2,500でさせて頂きます。普段気になっているお身体の事もご相談させて頂きます。
この機会にどうぞお試しください、フェイスライン以外に頭痛等いろんな症状にも頭蓋骨調整には効果が期待できます。
ホームページの「施術の内容」にもすこし説明をのせています。
こちらのサイト様にも載せてみました。
・ご予約していただければ22:00時以降でもお受け致しますので、どうぞおたずね下さい。
・お問い合わせフォームでも24時間受付しております。ホームページもご覧ください。
・とりあえずご質問だけ、という方はこちらyagiseitai@gmail.comにメール、またはお電話にておたずね下さい。

なわて整体
大阪府大東市錦町7−5 プレアール四条畷103号(旧発光マンション錦町)
090-1244-7272 営業時間10:00〜22:00(受付10:00〜20:30) 不定休
手作り感満載のホームページはこちらhttp://nawate-seitai.com/


いろんな方のいろんなブログが見れます ポチッとして頂けると励みになります(__)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
○忍ヶ丘で人気のフランス菓子とケーキのお店です。四条畷駅近くの栄町商店街にも支店があります。

バースデーお菓子の店シプレ


●シプレ便り








posted by yagi ken at 21:19| Comment(0) | からだのきもち