2014年11月12日

舌もこる・首もこる・そのあたりがこる 〜からだのきもち5〜

こんにちは、八木です。

寒かったり、パソコン作業や、うつむいて”こんつめて”何かしていると、いつの間にか、肩や首にちからが入っていたりします。

おまけに寒い時なんか気が付くと、歯をくいしばって、奥歯を噛みしめていたりします。

そうして時間がたつと疲れてきます。首とか肩とかしんどくなってきます。

疲れて首がこってるのだろうけど、もっと
「何か奥の方に違和感があって気持ち悪い」
「首をもんでもなんか違う・届かない」

こんな方はおられると思います。

目を休めると楽になる事はが良く知られています。時々は目をリラックスさせてあげる事は大事ですが、こんな方法もご参考にされてみてみて下さい。

口をあけて、舌をべろ〜んと出してみて下さい(口をあけるのはあたり前ですが(^_^;)

これですよねsita.jpg

舌をべろ〜んとだして、もっと舌の根元・喉の奥の方を意識してストレッチしていると、だんだんと首の方までちからが伝わってきます。

あくまでゆっくり・リキまず・伝わるまで急がずに待つことが大事です。
舌を出すことに集中していると、それにつられて、他の上半身周辺に適度なちからがはいり、余分なちからが抜けてきます。

まぶたも半目で「とろ〜ん」としてください。 
はい、人が見てるとちょっとやばいかもしれません。かまわず続けましょう。そのうちマネをしてみると思わぬ効能にする人が広がるかもしれません。(^^)

ストレッチ感が出てきたら、今度は、舌はそのまま「あごを引いてみる」「上を向いてみる」「首を傾ける」
など色々ゆっくりと確かめてみて下さい。 

その時痛かったり、違和感がある方向ではやらないで、気持ちの良い場所をみつけたらその感覚をしばらくあじわうという事が大事です。

そして、後追いはせず程ほどに楽しんでください。(しつこいのは嫌われますよね‥‥)

時間は全部で1〜2分で充分だとおもいます。かえって疲れてしまいます。実際2分ほどじっくりやってみると結構ながいものです。


舌の筋肉は頭蓋骨の耳の後ろの方や、下あごの骨、そして食べ物を飲み込む時に間違って気管に入らない様に、飲み込むと同時に気管にふたをする「舌骨(ぜっこつ)」などにつながっています。(BRM療法ではこの舌骨にアプローチする事も重要視しています。)

それぞれの場所には他にも沢山の動きの役目をする筋肉もつながっているので舌を動かすということは首周辺にとても影響があり、こういう効果も期待できます。

いつの間にか肩にちからが入ってうまくちからが抜けない。気が付いたら歯をくいしばっている。その様な方はたまに少しでいいので試してみて下さい。

決してチカライッパイやったり、急いだりしないで、「しばらくまってあげる」感じで限られた時間や環境などで出来る範囲でおこなってください。、

そしてやりすぎない事がだいじです。

過ぎたるは………なんや、言うやないですか・・・


おつかれさまでした


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

猫週末のからだのメンテナンスにもどうぞお越しください。
お着替えもございますので、お勤めのお帰りでもご利用ください。

・ご予約していただければ22:00時以降でもお受け致しますので、どうぞおたずね下さい。
・お問い合わせフォームでも24時間受付しております。ホームページもご覧ください。
・とりあえずご質問だけ、という方はこちらyagiseitai@gmail.comにメール、またはお電話にておたずね下さい。

なわて整体
大阪府大東市錦町7−5 プレアール四条畷103号(旧発光マンション錦町)
090-1244-7272 営業時間10:00〜22:00(受付10:00〜20:30) 不定休
手作り感満載のホームページはこちらhttp://nawate-seitai.com/


いろんな方のいろんなブログが見れます ポチッとして頂けると励みになります(__)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
○忍ヶ丘で人気のフランス菓子とケーキのお店です。四条畷駅近くの栄町商店街にも支店があります。

バースデーお菓子の店シプレ


●シプレ便り



posted by yagi ken at 21:12| Comment(0) | からだのきもち