2014年07月08日

手術をしました!

こんにちは、八木です。
実は私、先の土曜日にお時間を頂きまして手術をしてまいりました。 

「そんな短時間に手術って・・・・虫歯でも抜いたんとちゃうの( 一一)」  はい、その様なものです。
アテロームというものの摘出手術をしました。
「アテローム(粉瘤・ふんりゅう、アテローマ)とは、一般的に“しぼうのかたまり”と呼ばれることがありますが、実は本当の脂肪の塊ではありません。皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。ですから、本当に脂肪細胞が増殖してできた良性腫瘍の脂肪腫とは全く異なるものです。アテロームは皮膚腫瘍としてわれわれ皮膚科医が最も診察する機会の多いものです。良性の腫瘍ですが、ときに化膿して真っ赤に腫れ上がったりすることがあります。」〜日本皮膚科学会〜ホームページより

そんなにできものが出来やすい方ではないですが、昨年の秋頃から左の背中の上の方の肩甲骨と背骨の間(胸椎3番あたりの高さでしょうか)に直径5ミリほどのシコリに気付き「こんなのあったかなぁ」そのうち「なんか大きくなってきてるような気がするなぁ」と気になり始めたので皮膚科でみてもらうと、上記のような事でした。
先生いわく、「別に今どうこうと言うものではないので、まだ大きくなったり赤く炎症みたいになったらまたおいで」くらいのものだったので、しばらく放っておくことにしました。

しかしやはり出来たものは気になるので、そのうち取りたいとは思っており、摘出方や時間、費用などは下調べはしてました。そして、ここ一か月程前に大きくなっているのが気になり、計ってもらうと1センチ強までになっていました。これ以上放置していると害はないとはいえ、ますます大きくなるし、大きくなると摘出痕も大きくなり、費用も増すようなので(美容外科さんだと部位にもよりますが、一ミリ大きくなるごとに10,000円加算の所もありました)とってもらうことにしたのです。ふつうの皮膚科や病院であれば保険適用になるので相場は8,000円から10,000円みたいです。

以前診てもらった皮膚科では摘出は出来ない旨を聞いていたので、別の皮膚科を予約し先の手術となりました。

手術自体は局部麻酔が効いているので痛みなどはないですが、患部をクリクリほじくっている感じや袋を切り離しているようなチョキチョキした振動は伝わってきます。20分から30分ほど丁寧に摘出して頂き夕方にお店にもどりました。 あとで見るときれいに糸でくくってくれてました。
今回はアテロームをくり抜く方法でして頂きましたが、これ以上大きくなるとまっすぐ切り開いて(切り開くまで断定できませんが、直径の約1.6倍から2倍の長さ切るそうです)摘出する方法となり、跡も大きくなるそうです。私はお医者さんではないのでアドバイスは出来ませんが、どうせとるんだったら色んな意味で早いほうがいいような気がします。

今回のケースは背中という事でしたが症例を調べてみると、顔や首、そけい部などデリケートな場所のものもたくさんあり、そういう場合はさらに慎重に事を運ぶことになります。もしアテロームについて調べている方がいらっしゃれば私の場合は一つの参考にして下さい。

あとは何回か消毒をして10日後くらいに抜糸だそうです。

手術が終わった後に先生が「やはり、前の皮膚科の診断通りアテロームでした」と言われた時、少し「えっ?…」と思いました。(゜_゜)

―――手術中に整体と同じようにバストマットとフェイス枕を敷いてうつ伏せに寝ているのですが途中、助手の方が足首の下に低い枕を敷いてくれるとからだのわずかな緊張が軽くなり、たったこれだけの事でもからだはゆるみ安心して受ける事ができるなど色々勉強になりました。




なわて整体
大阪府大東市錦町7−5 プレアール四条畷103号(旧発光マンション錦町)
090-1244-7272 営業時間10:00〜22:00(受付10:00〜20:30) 不定休
手作り感満載のホームページはこちらhttp://nawate-seitai.com/


いろんな方のいろんなブログが見れます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○忍ヶ丘で人気のフランス菓子とケーキのお店です。四条畷駅近くの栄町商店街にも支店があります。

バースデーお菓子の店シプレ


●シプレ便り



posted by yagi ken at 14:18| Comment(0) | 日記